おきらくごくらくに日々起こったことを書き連ねていくブログ


by konsun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:映画 ( 1456 ) タグの人気記事

 「コーヒーが冷めないうちに」を見ました。

d0110274_22232565.jpg
 
 川口俊和の小説を映画化。監督は塚原あゆ子。
 
 設定がかなり独特で、もうそれはあるものとして受け入れないといけないという、ある意味見る人を選ぶ映画かもしれません。
 
 私的には好きな作品であり、見終わった後思わずホワイトボードに時系列を整理したくなっちゃう(まるでサマータイムマシーン ワンスモアぽくね)
 
 4つの短編で構成されてますが、秀逸なのは痴呆症になった妻とそれを支える夫の物語。薬師丸ひろ子と松重豊のベテランに泣かされました。同じ笑顔でも全てを語っているシーンには号泣。松重豊がこんなに演技の上手い人だとは思わなかった・・・
 
 その他のエピソードはかなり荒くて強引ですが、それはそれでいい味わいになっています。一瞬過去に戻れるけど、過去の出来事は何も変えられないという設定が効いてますね。なぜ過去に戻るのか?というのがテーマになっているところもいい。
 
 ただ最後のエピソードはもう少し上手くまとめたらもっと良かったのにね。オチは結構ミエミエだし、特にあのクリスマスが問題の日と分かるのはタイムパラドックスになってしまっているし(笑)
 まあタイムトラベルモノには突っ込みがいがあるというのも作品の魅力なので、これはこれで良かったかもしれません。
 
[PR]
by konsun | 2018-10-08 17:22 | 映画 | Comments(0)

「星を追う子ども」

 「星を追う子ども」を見ました。

d0110274_22183620.jpg
 
 孤独な少女の異世界ファンタジー。監督は新海誠。
 
 新海誠らしくないファンタジーで、なんかジブリ臭がプンプンする作品。何から何までどこかで見た感じがするのは、致命的じゃないでしょうか?
 一応ジブリを意識してやってみたとの監督のお言葉もあるようですが・・・完全にお門違いですね。彼の良さがまったく出ていない・・・
 
 とにかく見ているのが苦痛でした。「メアリと魔女の花」と同格ですな。

[PR]
by konsun | 2018-10-07 21:31 | 映画 | Comments(0)
 「ロード・オブ・クエスト ~ドラゴンとユニコーンの剣~」を見ました。

d0110274_22165232.png
 
 無能の弟王子が優秀な兄王子と悪の魔術師を討伐するファンタジー。監督はデヴィッド・ゴードン・グリーン。
 
 ナタリー・ポートマンやズーイー・デシャネルが出ているにも関わらず、ビデオスルーされた日本未公開作品。
 
 一応お金が掛かっている特撮なんですが、下品(笑)すぎる。見ていて、うーんこれは日本未公開は正解だなと思ってしまうほど。とにかく女性が見たら引いてしまうのは確実。下ネタ多すぎ。
 
 それに主役のダニー・マクブライドは、日本じゃ知名度低いですからね。
 
 でもめちゃつまらないというほどのものではなく、TVでぼんやり見る分にはいいかもしれない。金払って劇場で見たら怒り心頭かも(笑)
 
[PR]
by konsun | 2018-10-06 20:53 | 映画 | Comments(0)

「灰とダイヤモンド」

 「灰とダイヤモンド」を見ました。

d0110274_22145637.jpg
 
 アンジェイ・ワイダ監督の「世代」「地下水道」に続くポーランド抵抗三部作の最終作。
 
 若きレジスタントの青年の悲哀を描いた物語。
 この物語はポーランドの歴史を知っていないと混乱するかもしれない。ドイツに制圧されていたポーランドが、ドイツ降伏後ソ連の傘下に入り今度はソ連に制圧される時代背景があり、それとなく劇中でも説明があるが分かりにくい。
 主人公はドイツのレジスタンス活動をしていたが、対象がドイツからソ連に変わっただけで、彼にとって戦争はまだ終わっていない・・・
 
 ズビグニエフ・チブルスキーが生意気だが、繊細でもろい主人公を熱演。
 彼が酒場のバーテンダーである女性に恋し、全てを捨てて恋に走るかどうか悩むが、結局は抵抗活動に戻るのはやるせない。さまざまなしがらみに囚われ逃げられない運命はひたすら悲しい。
 
 ターゲットを暗殺したときに上がる花火の美しさ、逃亡しゴミだめの中でもだえ苦しんで死んでいくラストシーン、まさに名シーンの連続。
 
 戦争という最中で若者が消費されていく悲しさを突きつける作品で強く印象に残ります。
 
[PR]
by konsun | 2018-10-06 12:13 | 映画 | Comments(0)
 「キャプテン・フィリップス」を見ました。

d0110274_22115865.jpg
 
 実際に2009年起こったソマリア沖のシージャックを描いた作品。監督はポール・グリーングラス。
 
 小さな漁船で武装した4人の若者にあっさりと大型船が乗っ取られるシーンは結構驚いた。意外と武装していないんだね・・・放水で対抗なんて無茶すぎる。
 
 ひたすら乗組員を隠れさせ、言葉巧みに海賊を追っ払おうとする船長をトム・ハンクスが熱演。
 大型船での海賊のやり取りはまだ余裕があり、まあこんなものかな?と思いきや、物語は急変し救命ポットで逃げた海賊に人質にされた船長を巡る争いは、軍まで介入しとてつもない緊張感を帯びてきます。ネイビーシールズまで出てきますからね。
 
 極限の中での救出劇。助かった船長の放心状態の涙は、助かったことの安堵か?はかなく散った青年たちの哀悼か?まさにトム・ハンクスの名演に尽きます。
 
 しかしこの船長、数年後には海上勤務に復帰したとか!その船長のタフさには脱帽です。
 
[PR]
by konsun | 2018-10-05 22:10 | 映画 | Comments(0)
 「ロスト・バケーション」を見ました。

d0110274_20180646.jpg
 
 サーフィン中にサメに襲われたヒロインを描いたサスペンス。監督はジャウマ・コレット=セラ。
 
 よくあるジョーズの二番煎じかと思ってましたが、これが結構面白い。
 ヒロイン役のブレイク・ライヴリーが美人というのもありますが、ヒロインが医者の卵というのがアクセントになってます。サメに襲われて深手を負った足を、身につけていたアクセサリーで縫合するシーンが一番生々しくて怖かった・・・それと止血処理もね・・・
 
 またデジタル時計やデジタルムービーなどの小道具も上手く生かしていた。岩場で逃げ込んだが満潮までのタイムリミット後何分という時間制限の恐怖を上手く煽っていた。
 
 しかしこのサメ、まさしくジョーズのサメでチープさもそのまま。これ絶対ワザとやったに違いない。なんか途中で可愛らしく見えてきたし(笑)
 
 ただ最後は、偶然に頼った終わり方だったので、あっけなかったかな?まあ友達の鳥さんも無事生還したからヨシとしますか。
[PR]
by konsun | 2018-10-03 22:17 | 映画 | Comments(0)

「ザ・スピリット」

 「ザ・スピリット」を見ました。

d0110274_20431221.jpg
 
 アメコミ界の巨匠ウィル・アイズナーのマンガを映画化。監督はフランク・ミラー。
 
 「シン・シティ」のような白黒のスタイリッシュな映像がお見事。やっぱこの映像美好みです(笑)
 
 愛するセントラル・シティを守る不死のヒーロー、スプリットと彼を執拗に狙うオクトパスの物語で、ぱっと見るとバットマンぽい感じがプンプンしますが、かなりコミカルな味付けになっているのが面白い。
 特にオクトパス扮するサミュエル・L・ジャクソンのコスプレ三昧が笑えるし、彼の部下である太ったクローンたちのあまりにもの使えなさに爆笑。
 
 それに主役がヒーローでありながらも女たらしであるから、もう大変。エヴァ・メンデス、スカーレット・ヨハンソン、ジェイミー・キング、サラ・ポールソン、パス・ベガ、スタナ・カティックなど、これみよがしに美女ばかり出てくるのでとても映像的に華やか。
 この映画もっと硬派な物語と思っていただけに、そのギャップに笑えました。こういう映画好きです。

[PR]
by konsun | 2018-10-02 21:41 | 映画 | Comments(0)
 「ファイナル・デッドサーキット」を見ました。

d0110274_20403367.jpg
 
 ファイナル・デスティネーションシリーズ第4弾。監督はデヴィッド・R・エリス(第2弾のデッドコースターの監督)
 今回はサーキット事故で生き残った生存者に死の影が襲い掛かるという感じ。まあさすがに4作目だと、ちとマンネリ気味かも。
 
 一応殺し方は色々捻っているので、飽きはしないが、今回は次はこうだろうという観客の裏をかくのが目立った。これはこれで面白い。
 しかし今回はこの生き残りを殺すために無関係な人まで巻き添いになっているのが納得がいかなかった。やっぱピンポイントでやらないとね!
 
 ただ最後のレントゲンCGはナイス!これなら気分悪くないね(笑)
[PR]
by konsun | 2018-10-01 21:39 | 映画 | Comments(0)

「海賊と呼ばれた男」

 「海賊と呼ばれた男」を見ました。

d0110274_19393520.jpg
 
 百田尚樹の小説の映画化。監督は山崎貴。
 
 出光興産創業者の出光佐三をモデルとした主人公・国岡鐡造の一生と、出光興産をモデルにした国岡商店が大企業にまで成長する過程を描いたもの。
 
 主演は岡田准一。ほとんど戦争前後の60代のお話がメインなため、ずっと老けメイクのままの熱演。そうなるとわざわざ彼が演じなくともと思ってしまうのは変かな?
 
 お話としては意外と正統派で面白い。どんな試練があっても、根性で乗り越える国岡鐡造の生き様は感動的。やっぱ混乱した戦後の日本を背負っていたのは、こういう気骨のある男が担っていたんだな!と素直に思ってしまう。
 
 脇も小林薫、國村隼、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口徹、ピエール瀧、綾瀬はるか、堤真一と豪華。
[PR]
by konsun | 2018-09-30 22:52 | 映画 | Comments(0)
 「死霊館 エンフィールド事件」を見ました。

d0110274_19380280.jpg
 
 「死霊館」シリーズの正式な続編。監督はジェームズ・ワン。
 
 実際に起こったポルターガイスト現象で有名なエンフィールド事件を題材に、「死霊館」で活躍したウォーレン夫妻(前作同様パトリック・ウィルソンとヴェラ・ファーミガ)が活躍するホラー映画。
 
 やっぱジェームズ・ワンが監督だと面白い。夫の死のデジャヴュを見た妻がその運命を変えようとするのがいいアクセントとなっている。そのためクライマックスが盛り上がる盛り上がる。
 しかし教会を欺くため、わざと取り付いた子供にやらせを行い、心霊現状を装った詐欺にしようとは・・・悪魔も賢くなったものだ(笑)
 最後にウォーレンの旦那が、子供に十字架を上げる下りは、ホロリとさせられる。
 
 ちなみにこの悪の根源であったシスターは、「死霊館のシスター」というスピンオフがあり、へそ曲がり男もスピンオフの企画があるようです。
 
 ますます死霊館ワールドが広がるのはいいけど、やはり監督はジェームズ・ワンじゃないと!
[PR]
by konsun | 2018-09-30 20:12 | 映画 | Comments(0)