おきらくごくらくに日々起こったことを書き連ねていくブログ


by konsun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:映画 ( 1473 ) タグの人気記事

2018年映画ベスト10

 2018年映画ベスト10

 1.バーフバリ伝説誕生/王の凱旋 完全版
 2.レディ・プレイヤー1
 3.ちはやふる ー結び-
 4.ブリグズビー・ベア
 5.スリー・ビルボード
 6.ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男
 7.日日是好日
 8.祈りの幕が下りる時
 9.万引き家族
 10.アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
 
 今年は126本映画を見ました。前年度から+13本。良いペースで映画見れている感じです。
 それに昔の作品がパワーアップして劇場公開されるのは嬉しい限り。
 
 1位はダントツでインド映画の「バーフバリ伝説誕生/王の凱旋 完全版」。インド映画のエンターテイメントには驚かされます。もうアベンチャーズなんて目じゃない(笑)
 2位はオタクのオタクによるオタクのための映画「レディ・プレイヤー1」この歳になってもスピルバーグは本当に若々しい。
 3位は青春熱血カルタ映画の最終章「ちはやふる ー結び-」原作とは違ってますが、それがまた心地良い。こういう話をファンは待っていたんだぞ!
 4位はオタク愛に包まれた「ブリグズビー・ベア」25年間世界から孤立したオタクが、映画製作を通して成長していく姿はもう泣かせます・・・
 5位は優れた脚本に圧倒された「スリー・ビルボード」まったく先の読めない物語をキッチリ余韻を持たせて終わったあの展開は素晴らしい。
 6位は第2次世界大戦中のイギリスの動向を描いた「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」私的には抜けていたピースがきっちりハマった感じ。ゲイリー・オールドマンの圧倒的演技が素晴らしい。
 7位は樹木希林の素朴な演技が映える「日日是好日」茶道を通し平凡な日々ほど愛しいものはないことをヒシヒシと感じさせます。
 8位は、加賀恭一郎シリーズの完結編「祈りの幕が下りる時」今までの集大成でありながらも前向きに終わる清々しさは主役阿部寛の人柄にも寄るんだろうな・・・
 9位はカンヌグランプリの「万引き家族」是枝監督の家族としてのあり方の集大成作品。なんだかんだのクズっぷりが良い感じ。この頃の樹木希林は体調が悪そうで見ていて忍びがたかった・・・
 10位は、アベンジャーズ総決算の前編である「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」あれだけのキャラがいるのに、全てに見せ場があるという、よくまあここまで作りこんだものだ!と感心してしまう。

 2019年も楽しい映画に出会いたいものです。

by konsun | 2018-12-31 18:20 | 映画 | Comments(0)
「シュガー・ラッシュ:オンライン」を見てきまし
d0110274_23195642.jpg
 6年前に公開された「シュガー・ラッシュ」の続編。監督はリッチ・ムーアとフィル・ジョンストン。

 前作で親友になったラルフとヴァネロペ。シュガーラッシュのゲーム筐体が壊れ、数少ない部品を探しにオンラインの世界に入り込む二人。
 狭いゲーセンの世界から、オンラインの広大な世界へ。本来なら混沌とした中で一致団結して部品を探し出す物語かな?と思いきや、二人の考え方の違いが明らかになっていく・・・
 ラルフは、古いが仲間も一杯いる古いゲーセンを愛する保守の人、逆にヴァネロペは狭いゲーセンは飽き飽きしており、この広大なオンラインで、ワクワクハラハラしたい革新の人。
 まあこの二人は男女の愛というよりは、親子の愛に近いので、まさに娘の成長を見守るお父さんの子離れ物語となっています。
 ここら辺が大人が見ても楽しめるディズニー映画かもしれません。

 それにおまけで、14人のディズニー映画のヒロインたちも出てきますからね。身内ネタでガンガン笑わせてくれます。
 彼女がヒロインとして覚醒するミュージカルシーンはとても素敵でした。そういえばヴァネロペも立派なヒロインだったんですね。すっかり忘れてた。
 ちょっと後半かなり強引(ラフルの暴走は気持ち悪いけど)なところもありますが、それでも面白かった。14人のディズニーヒロインも最後活躍しますからね。

 ちなみにヴァネロペのオリジナルの声聞いたけど、なんか妙にドスが効いていてちょっと驚いた。

by konsun | 2018-12-27 20:18 | 映画 | Comments(0)

「ブリグズビー・ベア」

 「ブリグズビー・ベア」を見てきました。

d0110274_00410967.jpg
 
 25年間、ニセの両親に育てられ『ブリグズビー・ベア』という教育番組だけを見て育った男の物語。
 監督はデイヴ・マッカリー。主演のカイル・ムーニー、脚本のケヴィン・コステロ、監督のデイヴ・マッカリーは中学のときからの友人だそうです。
 まるで「ルーム」のようなお話ですが、もう誘拐された子供は25歳の青年であり、自我は確立されています。
 現実社会に復帰させるために、大人たちは彼に枠にはまった人間像を押し付け、彼には欠かせないブリグズビー・ベア(ニセ両親が彼のためだけに作った子供番組)を過去の悪とみなし、それに囚われる彼を責めたり嘆いたりする・・・(セラピスト役のクレア・デインズお久しぶり!)
 
 このブリグズビー・ベアという番組、奇妙なクマが主人公で銀河の平和を守るため、宿敵サンスナッチャーと戦うというものですが、凄くチープで唐突に教育番組にもなる変わったもの。でもこれを誘拐してきた子供に楽しんでもらおうと作って見せるニセ両親の愛は、偽りがないというのを感じさせます。このニセ父親がマーク・ハミルというのもとてもいい。
 
 もちろんニセ両親は捕まり、ブリグズビー・ベアは途絶えますが、どうしても続きが見たい彼は、なんと自ら作ってしまおう!という発想が素晴らしい。
 その番組作りをしている過程で、仲間が増え、最初は毛嫌いしていた妹、そして彼がブリグズビー・ベアに囚われていることを嘆く本当の両親が、生き生きと映画を撮っている彼を見て、考えを変え全面的に彼に協力する過程が素晴らしい。そうそうグレック・ギニア扮する刑事さんもね(笑)
 
 彼が現実を受け止めるためには、虚構であるブリグズビー・ベアが必要だったというもって行き方には感動。彼が作った愛のが溢れるブリグズビー・ベアの続編には、もう涙涙・・・・ホント素晴らしい映画でした。
 
 生き生きと映画を作っている彼の姿は、昔の自分を見ているようで・・・あの爆薬で警察のお世話になったシーンは、似たようなことをしてバックレた過去を思い出させます(笑)

by konsun | 2018-12-18 20:36 | 映画 | Comments(0)
 「恐怖の報酬 オリジナル完全版」を見てきました。

d0110274_21485589.jpg
 
 なんか題名がおかしいが、オリジナルはアンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督の1953年版。今回の作品はリメイクで監督はウィリアム・フリードキン。どうやら公開時に30分ほどカットされたので、今回はその完全版という流れらしい。
 
 前半は4人の追い詰められた男(強盗、テロリスト、暗殺者、不正融資の銀行員)のわけあり物語。後半は金のためにちょっとの振動で爆発するニトログリセリンを2台のトラックで運ぶ手に汗握る物語となっています。
 舞台が南米の貧民層なので、もう男臭さが満載。むせるほど(笑)ロイ・シャイダーが若い若い。
 
 ちょっと前半は長すぎたかな?かなりたるい・・・おそらくここら辺をカットされたんじゃないかな?
 後半はもうドキドキハラハラです。今にも落ちそうなつり橋をゆっくりと揺れながらも渡るシーンはホント心臓に悪い。
 
 ラストは、結局地獄へ後戻りという容赦なさが素敵。
 オリジナルもこういう話だったけ?かなり前に見たのでもう忘れているな・・・
 
by konsun | 2018-12-01 18:46 | 映画 | Comments(0)

「テルマ」

 「テルマ」を見てきました。

d0110274_20091682.jpg
 
 北欧(ノルウェー)を舞台にした少女の能力の目覚めを描いたホラー。監督はヨアキム・トリアー。あの人を不愉快にさせる天才ラース・フォン・トリアー監督の甥っ子。ちょっと心配したけど、ヨアキムはノーマルでした(笑)良かった!
 
 冒頭の凍りついた湖を渡って鹿を狩りに来た父親と娘。しかし彼が銃口を向けたのは鹿ではなく少女だったというショッキングな出だしで掴みはOK!
 
 成長した娘は大学に通い、青春を謳歌。厳格なカソリックの父の元でストイックな生活を強いられた彼女にとって、大学はまさに天国。ハメを外しがちになり、愛する女性も出来て幸せでしたが、次第にある兆候が現れるという定番なホラーの展開。それが静かで美しい。主演のアイリ・ハーボーの美しさもあるのですが、やはり落ち着いたノルウェーの寂しげな佇まいがいいね。そういえば「ぼくのエリ」もこんな感じだった。やっぱ北欧と少女とホラーは良く合う。
 
 癇癪かどうかの検査が結構酷い。まあ不愉快にさせてその反応を見るという検査だからしょうがないが、あのフラッシュの点滅は見ていて辛かった。冒頭の注意が身に染みる(笑)
 
 彼女の能力は、強く願うとそれが無意識のうちに実行してしまうというもの。そのため愛していた親友を消してしまうことに。
 失意の元に実家に帰ったけど、母親は娘を憎んでおり(幼少期に弟を無意識のうちに殺してしまったからね・・・)、また父親は彼女を薬漬けにして事なきを得ようとする。
 そしてその反動で悲劇が訪れるという感じですが、これって超能力なしでも十分成り立ちますね。圧迫されてきた両親からの親離れと自我の芽生え。まさに思春期の物語。
 
 ちょっとラストはあまりにも脳天気なハッピーエンドで、ちと驚きましたが、これはこれでいいかもしれない。
by konsun | 2018-11-12 20:36 | 映画 | Comments(0)
 「ボヘミアン・ラプソディ」を見てきました。

d0110274_21291680.jpg
 
 「伝説のチャンピオン」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった数々の名曲で知られるロックバンド、クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの伝記ドラマ。監督はブライアン・シンガー。途中で降板したらしいが、一応名義はそのままだそうです。
 
 ラスト20分のライブエイドのシーンは文句なしに凄い。音は当時のものを使っていますが、舞台のパフォーマンスはそのまま。あの当時の興奮と熱狂が蘇ります!
 もうこれだけで満足ですね。
 
 実際の物語は映画用にアレンジしており、かなり違うらしい。だから見ていて物語としてはしっくりこなかったんだよな・・・・なんかよく溢れた栄光と挫折と再生という感じで・・・
 
 ただ「ボヘミアン・ラプソディ」の逸話や「ウィ・ウィル・ロック・ユー」の画期的な観客との一体感を生み出したエピソードは、結構面白かった。
 
 フレディ・マーキュリーをラミ・マレックが熱演。いやーとても良かった。でもこの顔どこかで見たことがあると思い出したら、「ナイトミュージアム」のエジプト王だった!(笑)
 
by konsun | 2018-11-10 12:49 | 映画 | Comments(0)

「若おかみは小学生!」

 「若おかみは小学生!」を見てきました。

d0110274_21242856.jpg
 
 令丈ヒロ子による児童文学のアニメ化。既にTVでアニメ化されているが、今回はその劇場版。監督は高坂希太郎。
 
 かなり口コミで評判が良いので、夜お子ちゃまがいない時間帯に見てきました。なんか如何にもプリキュアみたいな子供向けの絵だったので、気が引けたのもあります(笑)
 
 思っていた以上に良くできたアニメで、大人が見ても楽しめる映画でした。
 
 両親を自動車事故で亡くし、ばあちゃんが女将として経営している旅館「春の湯」にお世話になるおっこ。そこで幽霊や小鬼とともに旅館を盛り立てて、若女将としていく成長の物語。
 
 両親の死を受け入れられず、呆然とするおっこに、おばあちゃんの幼馴染である幽霊ウリ坊に励まされ、旅館の仕事を手伝う過程は結構強引ですが、お客様を全力でもてなす事に喜びを感じ始め、成長していく様はとても素敵。
 
 またライバル旅館で同級生のピンフリこと秋野真月の存在もいい。高飛車で気が強く偉そうなのですが、自分の夢に妥協せずまっすぐに生きていくその姿勢は、素晴らしい。既に大人の視点で見ているから、周りが子供にしか見えなくてイライラしていたんですね。
 ただ最後の泣きのエピソードはちょっと強引だったかな。確かにおっこの全てを受け入れる姿勢には泣かされましたが、やっぱあのお客さんの立場としたら、嫌だったんだろうな・・・
 
 余談ですが、冒頭の事故シーンが、かなりリアルでキツかった。これはお子様には刺激強いんじゃ?と余計な心配してしまった・・・
by konsun | 2018-11-09 20:22 | 映画 | Comments(0)

fallout76ベータ版総括

fallout76ベータ版総括

d0110274_21342880.jpg

ベータ版を以下の日程で楽しみました。

11/2(火)4:00-12:00
11/4(日)6:00-10:00
11/5(月)4:00-11:00
11/9(金)4:00-10:00

ただ初日はダウンロードとゲームが立ち上がらないトラブルで4時間は無駄にしました・・・
計21時間遊んだことになります。レベルは14で終了。パワードスーツ2台ゲットできたのが嬉しい。

・操作性はfallout4そのもの。まさにfallout4のオンライン版
・食事や水の確保が面倒(すぐに喉が乾くのは・・・)
・NPCがいないので、妙に寂しい
・遠くから銃声が聞こえると、怖いというよりほっとした気持ちになる(笑)
・ゾンビたちが武器をもって襲ってくる。銃も撃ってくるので要注意。ゾンビはレイダーの代わりなのかもしれない。
・人はいないが、スーパーミュータントやロボットはちゃんといる。ちゃんとロボットの声が、fallout4のロボットの声なので安心する。
・動いているのは他のプレイヤー、でなければ全員敵と考えてもよい(笑)
・銃の標準はfallout4のようなVATSが使えない(一応あるが参考程度)、でも意外とすぐに標準は慣れる。
・接近戦になるとナイフや斧が便利
・CAMPで好きなところに休憩所が設置できるが、お金が掛かる。
・ファストトラベルはお金が掛かる
・あっという間に重量オーバーになる。
・倉庫の保存が400まで、圧倒的に足らない・・・
・あちこちに手持ちのものを入れられる収納箱がある(自分専用で他人には取られない)ただトータルで400は変わらない。
・意外とPKは少なかったが、ないわけではない。殺戮目的で低レベルを狙う輩はいた(まあベータ版だからというのもあるが)
・サブクエストとかたくさんある。当分飽きはなさそうだが、レベルが上がるとどうだろう?
・ただクエはおつかいものが多くてちょっと飽きる。
・突然発生する参加クエは、一人だと絶対に無理。ただみんなでやると報酬は結構美味しい。
・死ぬとリスボンで死んだ位置から近い所に復活する。その時ジャンク品は死んだ場所に置かれている。ただこれは他人に取られたり、バグで落ちたりすると無くなる。
・死ぬ位置も考えないと持ち物を回収できない・・・なんども凶悪な敵にやられることも・・・
・スティルパックの登録位置を考えないと毎回無駄に使ってしまうので注意。
・煙が出ているのは、軍からの至急品があるということ。中にはスーパーミュータントの巣の中にあったりするので注意。
・イマイチレベルアップ時のカード選びで欲しいのがなかったりする。これも運か?
・レベルアップで何を上げたらいいのかよく分からないので、体力&知力&スタミナを上げた。
・鍵開けやハッキングのスキルがある程度ないとクエストがクリアできない場合もありそう。
・ゾンビたちを楽にやれるようになると銃や弾が一杯手に入るようになるが、銃は重いので分解に限る。
・各地に作業所がいっぱい点在しており、ジャンク品や要らない武器&アーマーの分解が出来て楽。
・武器や装備にレベルがあり、拾ってもレベルが上がらないと使用できないのがだるい(だって重いんだもん)
・建物内とか、せっかくゾンビ掃除したのに、他人が入ってくると、一掃したゾンビが復活する。
・たまに壁に埋まっているゾンビや倒れたまま走ってくるゾンビとかいる(笑)
・たまにテキストが如何にも機械翻訳ぽいのがダレる。読む気にならない・・・
・バグで強制的に落とされたとき、落ちた場所よりちょっと離れた場所にポップする。クエクリアしたのに、ちゃんとセーブされているのか不安になる。(特に集めた血液を遠心分離機にかけて終わっている(落ちる前にはクエから消えていた)が、落ちて復活したら遠心分離機のクエが残っているのが不気味・・・)
・何を食べても(沸騰した水でも残留放射能あり)放射能汚染されるので、RADアウェイが必要。最初はあまり見つからなくて苦労したが、大学のゾンビをやると希少のRADアウェイをもっているのがいるので、集めまくった。
・ジャンク品は何でも分解してきたが、希少価値の高そうなのは高く売れるのかもしれない。お金稼ぎがなかなか難しい。
・パワードスーツは一連のクエの最後の方に置いてあったりする(ファイヤーレスキューの最終試験場など)
・パワードスーツは、装甲を取れば低レベルでも乗れる。
・パワードスーツは、脱いで放って置くと勝手に装備品の中に入る。重量は10Kg。
・データ通信が暗号化されていないため、チートがしやすいとの情報有。本当ならゲームシステムを壊しかねないので早急の対策を望みます。オンラインじゃなければいいんだけどね・・・

 まあ色々問題はありましたが、ベータテスト本当に楽しかった。
 11/15(木)の正式スタートが楽しみです。


by konsun | 2018-11-09 11:32 | 映画 | Comments(0)
 「バーフバリ 伝説誕生 完全版」に継ぐ、後半に当たる「バーフバリ 王の凱旋 完全版」を見てきました。

d0110274_00024910.jpg
 
 伝説誕生完全版で、再度バーフバリの偉大さを痛感し、大スクリーン&極音で見れる喜びを感じたすぐに、王の凱旋完全版をまた立川極音上映で見られるとは嬉しい限り。
 
 今回の王の凱旋完全版は167分で通常版141分より26分も長いです。
 ばっさり切られていたのはデーヴァセーナが舞い歌う”かわいいクリシュナ神よ”のシーン。まあ確かに切られても話は繋がりますが、珍しく可愛らしい一面を見せているので、完全版でようやく見られて嬉しい。なんせおばさん役の方が長いですからね(笑)
 後いろんな所で、細かな追加のシーンがあったような気がします。
 前の伝説誕生でも思ったのですが、カットシーンはかなり考えられて丁寧にカットされているな!という感じ。TV放映時のばっさりカットではないですね。
 作品に対する愛が感じられます。
 
 しかし改めて見直してもホント面白い。男たちの戦いはもちろんのこと、気丈に振舞う女たちの戦いもあっぱれ!
 
by konsun | 2018-11-03 21:01 | 映画 | Comments(0)

「ヴェノム」

 「ヴェノム」を見てきました。

d0110274_00004429.jpg
 
 マーベルコミックの悪役に当たるヴェノムの単独主演映画。監督はルーベン・フライシャー。
 
 サム・ライミ版スパイダーマン3の敵役で登場したヴェノムですが、悪役が主役ってどうゆうことよ!と思いきや、ひねくれながらもちゃんと正義の味方?していました。
 
 ただ地球を侵略に来たはずのヴェノムの突然の心変わりがまったく唐突でしたので、あれあれあれ???という感じ。
 仲間たちのリーダーで最強の戦士に立ち向かう、その心理が分かりません。勝ち目が1%もないとか言ってたしね。
 まああのぐちょぐちょバトルは凄く新鮮で面白い映像だったので楽しめましたがね。なんか納得がいかない。
 
 主人公とヴェノムの関係が、ど根性ガエルのヒロシとぴょん吉ぽいとネットで言われていて至極納得(笑)
 
 でもあれだけヴェノムに人間が侵略されるとその人は死んでしまうとか言っていたので、主人公の元彼女はピンピンしているのはどういうことよ!彼女も相性が良かったのか?やっぱ脚本がこなれていないせいかな・・・
 
 映像的には面白かったが、物語的にはイマイチだった・・・
 
 エンディングで、次の敵(ウッディ・ハレルソン)が出てくるのは許せるけど、最後のスパイダーマンのアニメは蛇足で長い。これやるなら冒頭に持ってこないと!
 
by konsun | 2018-11-03 12:59 | 映画 | Comments(0)