おきらくごくらくに日々起こったことを書き連ねていくブログ


by konsun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 「アナベル 死霊館の人形」を見ました。

d0110274_19355673.jpg
 
 「死霊館」で出てきたアナベル人形が主役のホラー映画。監督はジョン・R・レオネッティ。
 
 監督がジャームズ・ワンから変わったため、よくあるスタンダードなホラー映画になってしまったのが残念。ちっとも怖くないんだよね(笑)
 
 脚本もちょいちょいおかしく、自分たちを殺しに来た女が死ぬ際に抱いた人形を残しておくか?ということですよ。捨てるにも無造作にゴミ箱に捨てるだけ。それでも引越しの際に紛れ込んでいたのをしょうがない、これも試練だから飾っておこうという発想がすでにおかしい。
 
 それにこの人形、たまにちょいちょい動くんだけど、それが全然盛り上がらない。せめてどこかのチャッキーぐらい動いてくれよと思ってしまう。まあそうなるとそれはそれで嫌だけどね(笑)
 
 赤ん坊を必死に守る母親というのはいいけど、ラストのオチがあれだとやるせない。
 
 一応ラストで死霊館に繋がるんだけど、それが如何にも取って付けぽいのがね・・・・でもこのアナベルシリーズ3作まで続くというのがね・・・大丈夫なのかな?
[PR]
# by konsun | 2018-09-30 17:34 | 映画 | Comments(0)

2018年夏ドラマ総括

2018年夏ドラマ総括

絶対零度シーズン3
 コロコロとシーズンごとに内容が変わる刑事物。
 シーズン1は未解決の事件を取り扱い
 シーズン2は潜入捜査を取り扱い
 シーズン3では、犯罪が起きる前に手を打つAI重視の捜査
 
 さすがに主役は上戸彩から沢村一樹に変わったが、シーズン3でもちゃっかり顔を出してます。
 
 まあつまらなくはなかったけど、展開はミエミエだからね・・・意外性がなくて残念。

健康的で文化的な最低限の生活
 柏木ハルコの漫画をドラマ化。主演は吉岡里帆。
 ナマポ(生活保護)を扱ったもので、題材はかなり難しかったと思うが、結局もう一歩突っ込んだ展開に出来なかったのが残念。
 結局なあなあな感じに終わってしまったのがね・・・

義母と娘のブルース
 桜沢鈴の漫画をドラマ化。主演は綾瀬はるか。
 今期で一番面白かった作品。仕事しか出来ない女性が、いきなり義母となる展開は爆笑。義母VS娘の争いも楽しかった(子役の横溝菜帆も好演)竹之内豊も素晴らしかった!
 
 中盤、大きな転機でガラ変。朝ドラとは違うちゃらい佐藤健もいい味出してた。

高嶺の花
 石原さとみ、峯田和伸のラブストーリー。
 
 うーん、この役は石原さとみに向かなかったかな?というのが率直な感想。芳根京子は良かったんだけどね。ただ千葉雄大もミスキャストぽい感じが・・・
 
 かなり中盤ダークな感じになりつつも野島伸司らしくないハッピーエンドで終わったのがなんか良い。

遺留捜査
 遺留捜査もシーズン5を向かえましたが、相変わらずのワンパターンにちょっと嫌気が指してきたかな?といったところ。
 次回テコ入れしてくれないと見るのが辛そう・・・

ハゲタカ
 真山仁原作「ハゲタカ」のドラマ化。以前NHKで大森南朋主演でドラマ化されたが、そのデキにこれっぽちも届かなかった作品。半沢直樹のような顔芸を見せてる場合じゃないよ!綾野剛・・・・
 もう酷すぎてお腹一杯なドラマでした・・・

グッド・ドクター
 韓国ドラマのリメイク。山﨑賢人が自閉症でサヴァン症候群の医者を好演。
 山﨑賢人の演技は一つ間違うと悲惨な事態を引き起こすカケみたいなものでしたが、上野樹里、藤木直人、戸次重幸、柄本明などの脇のサポートが良く、ギリギリに成り立っていた感じ。

チア☆ダン
 土屋太鳳、石井杏奈主演のチアダンス物語。映画の「チア☆ダン」に関連があり、映画に出てきた無敵のJETSを倒すため、結成された素人集団ROCKETSが、根性でのし上がっていくというスポ根物語。映画版の広瀬すずや天海祐希もちらっと出演。
 
 お話はしょうもなかったが、ダンスシーンは結構見所豊富でしたが、ラストのダンスは映画版の方が凄かったのがね・・・ドラマ組も頑張ったが・・・イマイチでした。

透明なゆりかご
 沖田×華の漫画「透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記」のドラマ化。
 
 ある意味「コウノトリ」と逆をいく産婦人科物語。「コウノトリ」のような奇跡は起きなく、死んでいく赤ん坊や母親たち、そのリアルさに驚き、慄き、感動してしまう・・・凄いドラマでした。確かに民放では無理(おそらくスポンサー付かない)でNHKでしかできないドラマだったかもしれません。
 
 毎回考えさせられ涙しました・・・死因の1位はガンではなく、中絶なんだよという事実に愕然・・・
 
 看護婦見習いの清原果耶(ちょっとニキビが痛々しかったが・・・)も良かったし、産婦人科医の瀬戸康史も良かった。
 
dele
 依頼者の死亡後、速やかに電子データを削除する請負会社の物語。
 山田孝之と菅田将暉が主演。
 
 毎回凝った展開でうならせてくれたが、第5話の橋本愛の幼馴染の話、第6話のいじめの話、第7話の毒入りカレーの犯人不明が、群を抜いて凄かった・・・
 続編に期待!

サバイバル・ウェデイング
 大橋弘祐「SURVIVAL WEDDING」のドラマ化。主演は波瑠。
 三十路の記者が、半年以内に結婚しないと首と言われて、あの手この手で結婚相手をゲットしようとし、それをコラムに載せるという物語。
 
 まあ中盤までは、よくある物語と思ったが、伊勢谷友介演じる編集長が素晴らしく良かった。このドラマが面白かったのはこの破天荒な伊勢谷友介の怪演によるもの!特にラストの大演説には痺れた!(笑)

この世界の片隅に
 原作者こうの史代に、六神合体ゴッドマーズよりは原作に近いと揶揄されたドラマ(笑)
 なんかずっとこれじゃない感が出まくりで、最後までしっくり来ませんでした。キャストは全然悪くないんですけどね・・・やっぱ演出と脚本に難ありかと・・・取って付けたような現代版はいらなかった・・・

ゼロ
 福本伸行「賭博覇王伝 零」原作のドラマ化。主演は加藤シゲアキ。
 毎回ゲーム対決を2話で行っていたので、妙にテンポが悪くサクサク見れなかったのが残念。
 しかしNEWS全員が出てくるとは思わなかった(笑)

半分、青い
 永野芽郁主演の朝ドラ。北川悦吏子の脚本書き下ろし。
 子供の頃左耳が聞こえなくなったすずめが、いろんな困難を乗り越えていくという物語。漫画家、普通の主婦、離婚を経て、そよ風扇風機を作り上げるというなんか散漫な物語でもあった。なんか展開が急すぎて???であり、伏線飛ばしまくり(笑)
 
 幼馴染の佐藤健、佐藤健の母の原田知世、秋風先生の豊川悦司、元旦那の間宮祥太朗などいい味出してました。
 
 

[PR]
# by konsun | 2018-09-29 21:42 | ドラマ | Comments(0)
 「ファイナル・デッドコースター」を見ました。

d0110274_18204539.jpg

 ファイナル・ディスティネーションシリーズの第3弾。監督は1作目のジェームズ・ウォン。
 
 今回はジェットコースターの事故で、未然に察知した高校生たちに死の追っ手がじわじわと殺しに来る展開。
 主役はメアリー・エリザベス・ウィンステッド。まだ無名の頃だから少しぽっちゃりしているのが、なんかいい(笑)
 
 毎度お決まりながらどうやって殺されるのか、死の連鎖が楽しい。もう偶然では片付けられない悪意を持った展開がいいね。
 
 そして最後の展開は潔くて清々しい(笑)

[PR]
# by konsun | 2018-09-26 21:45 | 映画 | Comments(0)

「死霊館」

 「死霊館」を見ました。

d0110274_22420518.jpg
 
 実在の超常現象ハンター、ウォーレン夫妻の事件簿に基づいているオカルトホラー。監督はジェームズ・ワン。
 
 死霊館シリーズの第1作目。アメリカで実際に起こったある田舎屋敷での悪霊騒ぎをリアルに再現。テープレコーダー、サーモセンサー、カメラを駆使して幽霊屋敷の調査する下りは、往年の「ヘルハウス」や「悪魔の住む家」などを髣髴させてくれます。
 
 ただそんなに怖くないんですよね。なんかクライマックスになるにしたがって怖さが半減するというか・・・エクソシストぽくなっちゃいますからね。中盤の音とカメラカットで驚かせる方が怖かった(笑)
 
 悪魔の人形アナベルが本作でこれみよがしに出てきますが、ほとんど絡んできません。てっきりこの人形が元凶と思っていたのですが・・・まあ単独での作品があるので、今回はお披露目みたいなものなのかな?
 
[PR]
# by konsun | 2018-09-25 22:37 | 映画 | Comments(0)

「ザ・ワイルド」

 「ザ・ワイルド」を見ました。

d0110274_20163275.png
 
 突発的な飛行機事故で、アラスカに放り出された2人の男のサバイバル。監督はリー・タマホリ。
 
 知識だけはある億万長者のアンソニー・ホプキンス、ちゃらいカメラマンのアレック・ボールドウィンのおっさんサバイバル。もう一人若い黒人がいたんですが、早々にクマに食われて退場。
 
 アンソニー・ホプキンスVS殺人クマという珍しい映画で、よくまあゴーが出たもんだ。絵柄的に地味すぎる(笑)
 冷静沈着で、最小限のアクションで対峙するアンソニー・ホプキンスは意外とカッコイイ。それに敵役のクマさん凄く上手かった。CGではない凄さがありありと出ている。これも調教の妙なのでしょうか?一番の功労者ですな。
 
 クマを退治した後、結局怖いのは人間という感じで、妻と内通しているアレック・ボールドウィンとの対決は面白かった。
 
 ただラストがね・・・ちょっとウェットすぎる。自分を殺そうとしたボールドウィンを友達と思うのもな・・・それと賢いけど女を見る眼がないと言うのも・・・(笑)
[PR]
# by konsun | 2018-09-24 21:47 | 映画 | Comments(0)