おきらくごくらくに日々起こったことを書き連ねていくブログ


by konsun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2017年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 ドラゴンクエスト11、PS4版と3DS版の両方を購入致しました。
 
 てっきり予約していたと勘違いをし、慌てて16時頃買いに行きましたが、余裕で在庫あったみたいです。最近はダウンロード版もあったりしますからね。
 
 早速PS4版をやろうとしたら、本体のバージョンアップで1時間半ほどかかる・・・
 じゃあ3DS版でやろうとしたら、これも本体の更新に30分ほどかかる・・・
 
 確かにずっとほったらかしにしていたからね・・・・
 
 結局PS4版からスタート。オープニングにはやはり心躍らさせるなーーー
 序盤確かにドラクエらしい感じだけど、いくら風景が綺麗になっても1本道は変わらないのね・・・なんかゼルダのオープンワールドに慣れてしまったから、この舞台の狭さに閉口。
 
 ある程度進んだら3DS版をやってみる。
 
 オープニングは同じ。ただ3DS版の方が主人公は子供ぽい感じな絵になっているのが面白い。
 そして2D版は、ドット絵がちょっと荒すぎるような感じが・・・・ただ2Dの方が探すアイテムは分かりやすい。見やすいので移動しやすい感じがします。
 ただフィールド上では敵が見えないので、ちょっとやりにくいかな。3Dだとちゃんとフィールド上に敵が見えます。そして戦闘シーンは3Dだとモンスが動いたり、攻撃効果が見えたりするので、こっちの方がいい感じ?
 
 家にいるときはPS4版、外に出ている時は3DS版と使い分けてやっていく感じですが、大筋の流れは同じでも些細な流れがちょっと異なっているのが面白い感じになってます。
 
 さてエンディングまでには何ヶ月かかるのだろう?(笑)
 
 
[PR]
by konsun | 2017-07-29 18:48 | ゲーム | Comments(0)

「火の馬」

 「火の馬」を見てきました。

 
d0110274_18470657.jpg

 ムィハーイロ・コツュブィーンシクィイ作「忘れられた祖先の影」の映画化。監督はセルゲイ・パラジャーノフ。
 
 カルパチアの田舎に住むイワンとマリーチカ。2人は子供の頃から愛し合っていたが、親同士が敵対しているという、まさにロミオとジュリエットの世界。
 よくあるお話と思いきや、あっという間にマリーチカは事故死。途方に暮れるイワン。ボロボロになりながらも再生を誓い、美しいパラグナと結婚。しかしマリーチカへの想いは消えずに悲劇の道へ・・・
 
 なんか物語もそうですけど、高らかに奏でられる民族音楽、カメラワークの若々しさ、役者の荒々しい演技と全てに圧倒されました。凄く生き生きしている躍動感溢れる映画でした。
 
 この映画で、ソ連に目をつけられ(当時は宗教色、民族色の映画は禁句だったらしい)、映画界から完全に干されることになったらしいけど、ホントもったいない。

[PR]
by konsun | 2017-07-29 14:10 | 映画 | Comments(0)

「ざくろの色」

 「ざくろの色」を見てきました。
d0110274_18443270.jpg
 
 ソ連の鬼才セルゲイ・パラジャーノフ監督作品。
 18世紀のアルメニアの詩人サヤト・ノヴァの生涯にオマージュを捧げた八章からなる映像詩編。
 ほとんど物語要素が無く、絵画を見ているような感覚に陥ります。
 ある意味監督の挑戦的手法にガツンとぶちのめされた感じ・・・・でもこういう作品嫌いではない。
 こういう映画が半世紀前に撮られていたことに驚愕します。
 本に囲まれ風でページが一斉にめくれるシーンが素敵。
 
 映画は73分ですが、かなりソ連当局に没収されカットされたらしい・・・
 逆に73分だから辛抱はできましたが、これ以上だとかなり寝てしまう確率が高いかも(笑)
 
 もう一度見たい作品。これって見れば見るほど新しい発見がありそうだ・・・

[PR]
by konsun | 2017-07-29 12:07 | 映画 | Comments(0)
 「怪盗グルーのミニオン危機一発」を見ました。
d0110274_18305412.jpg
 
 家族愛に目覚めた怪盗グルーと可愛いミニオンたちが活躍するシリーズ第2弾。
 
 今回はグルーに恋するヒロインまで登場し、家族の物語になろうとしています。
 もてない最悪な子供時代のグルーには涙・・・陰キャラだったのね・・・(笑)
 
 長女の初恋にドギマキするグルーも楽しいけど、相手を凍らせてしまうのはやりすぎ(笑)
 
 なんか話はあるような、無いような感じで、イマイチつまらなかったけど、ミリオンたちの暴走ぶりが笑えます。せっかく作ったジャムがまずくて舌から払いのけるしぐさは爆笑。
 
 やっぱこのシリーズはミリオンたちを見るものなのかな?

[PR]
by konsun | 2017-07-23 16:25 | 映画 | Comments(0)

「怪盗グルーの月泥棒」

 「怪盗グルーの月泥棒」を見ました。
d0110274_18194515.jpg
 
 CGアニメでは、ディズニー、ピクサーが有名ですが、実はこのイルミネーション・エンターテイメントも最近力をつけてきています。この前見た「SING」もここの会社だからね。
 
 そしてイルミ人気を決定的にしたのが、バナナから作られたミリオンズの可愛らしさ。本作で初登場です。もうミニオンの方が人気出過ぎて、怪盗グルーの方が忘れ去られている気が・・・・(笑)
 
 イルミがディズニー&ピクサーと決定的に違うのは、脚本の甘さ(笑)
 まさに子供向けで、大人が見るとあれれ・・・という感じ。ディズニーやピクサーみたいに大人が見ても楽しめるという作品ではないので注意。
 
 本映画でも月を盗むために、敵対する怪盗から、収縮させる銃を盗むため、孤児院の3姉妹を引き受けて、手伝いをさせるという意味不明な展開。
 そして悪党であるグルーが、次第に3姉妹に惹かれ、良き父親になろうとする(ここの展開がちょっと急すぎて良く分からなかった)というミエミエの展開へ。
 
 まあ最後はハッピーエンドで終りますが、なんだかなーという感じ。ミニオンたちがそこそこ暴れているのが楽しいという感じしか残らない不思議な映画でした。

[PR]
by konsun | 2017-07-22 15:12 | 映画 | Comments(0)

スプラトゥーン2

 スプラトゥーン2を購入致しました。
 
 WiiUで爆発的ブームを起こした水鉄砲陣取りゲーム。WiiUではやり損ねたので、今回の2からswitchで新規参戦です。
 
 とりあえず操作法もよく分からず、実戦へ。いやーー楽しい。ひたすら壁や床を塗り捲るのも楽しいし、敵と遭遇してそいつを倒したときの爽快感もなかなかのもの。最後にはどれだけ塗ったかで勝利が決まるというのも分かりやすい。
 
 ただ操作方法が慣れるまでかなり苦労しました。特に説明書が無いので、必殺技をどう出すのか?分かりにくい・・・
 またジャイロ搭載なので、微妙な全体操作で標準が決まるので、そこも苦労したかな?
 
 高レベルの人と対戦する時、武器がレベルによってどんどん強くなっていくので、レベル差ありすぎると手も脚も出ません・・・これが難点かな?
 
 とりあえずLv10目指して頑張ります!
[PR]
by konsun | 2017-07-21 22:22 | ゲーム | Comments(0)

「銀魂」

 「銀魂」を見てきました。
 
d0110274_20135585.jpg
 空知英秋の人気コミックの実写化。監督は福田雄一。
 
 勇者ヨシヒコシリーズの監督さんだから、もう全編ギャグだらけ。カウントダウンTVからオバQ、ガンダム、ナウシカと手当たりしだい(笑)しかしシャアを六角精児にやらすとは・・・しかも顔隠してるけど相棒の人でしょと突っ込みまで入るし。
 
 後は新撰組の近藤役の中村勘九郎が体張りすぎ。大御所なんだから全裸で素振りまでせんでも・・・誰か止めなかったのか?(笑)
 確かに登場人物のキャラはとても原作に合っており笑えます。千年ちゃんも意外に奮闘していたし。自分のキセキの一枚までネタにされていたしね。
 それと対抗して敵役の菜々緒がとても可愛く撮られていたのには・・・ヒロインは千年ちゃんの方なのにね。これは明らかに監督の趣味だ。
 
 物語的にはまあどうでもよくて、ちゃんばらシーンもなかなかの迫力だし。特撮はちゃちいけどそれを持って余るほどのパワフルな演出で魅せてくれます!
 
 ただ敵役の高杉役の堂本剛がね・・・どう見ても強そうに見えない・・・ラストバトルの小栗旬と格差ありすぎ。またハゲ(桂)役の岡田将生もなんか違う・・
 
 主役の小栗旬も良かったが、ただこの映画の小栗旬は、捨之介(By髑髏城)にしか見えん(笑)
 
 この勢いで勇者ヨシヒコも映画化ならないかな?ちなみにエリザベスの声は山田孝之でした。一言しかしゃべらないけどね。
[PR]
by konsun | 2017-07-20 20:10 | 映画 | Comments(0)
 「傷物語〈I 鉄血篇〉〈II 熱血篇〉〈III 冷血篇〉」三部作を一気に見ました。
 
d0110274_18071244.jpg
 西尾維新原作小説のアニメ化されている物語シリーズから「化物語」の前日譚にあたる作品を3部作で描く劇場版。監督は尾石達也。エピソード0というやつですな。なぜ吸血鬼キスショットと阿良々木君が共存関係になったか?が明かされます。
 
 三部作といっても各部1時間ちょいなので、前後作でも良かった気がしないでもないですが・・・切れ目は確かに3つに分けた方が分かりやすいかも?
 
 ただ劇場版ということで、TVシリーズのような長回しの台詞や、異質なカットが抑え気味になっているのが残念。それに結構激しい格闘シーンが多いので、TVには流せないかも・・・首や手足がばんばん飛びまくりますからね。子供が見たらトラウマになっちゃうかも?
 ただ委員長・羽川翼のキャラ設定がTV版と異様に違う。あんなエロじゃないはず・・・
[PR]
by konsun | 2017-07-17 15:16 | 映画 | Comments(0)
 ようやくゼルダの伝説ブレスオブザワイルドを終了致しました。
 
 もっと早く終る予定でしたが、やりこむ要素がたくさんあり、全ての防具を最強にしてから、宿敵ガノンと最終決戦を迎えました。
 結構苦戦しました。特に第1形態での無敵モードをどうクリアしていいのか分からず、手間取りました。まさか必殺技連打とは・・・(必殺技結構忘れてました)
 
 そして第2形態では馬に乗っての弓での攻撃。最後は弓で止めでガノンをしとめて、感動のエンディングへ。
 
 いやーー3月からやり始めて7月まで4ヶ月もかかるとは。十分楽しみました。
 
 エンディングを迎えても、ガノン対決前に戻る(ただし☆マークが付いてクリアしたとの印は付く)ので、後は追加要素をまったりと楽しんでいこうかな?コログも全部集めてないしね。
 
 しかしこのゼルダ、本当に傑作でした。こういうゲームがまだ日本で作れること自体が嬉しいです。
[PR]
by konsun | 2017-07-16 18:04 | ゲーム | Comments(0)
 「ジョン・ウィック チャプター2」を見てきました。
 
d0110274_18033986.jpg
 ブギーマンと呼ばれる無敵の殺し屋ジョン・ウィックの続編。キアヌ・リーヴァスハマリ役。前作より5日後とか時系列的には近い感じ。車を取り返しに来ても、あれだけ車をぐちゃぐちゃにしたら意味無いだろう!と思うけどそれでいいんです(笑)
 
 前作も話はなくガンアクションのみでしたが、第2弾も話は前作よりも無く、ひたすら殺しまくります(笑)その殺し方が洗練されており、凄いの一言。彼が凄いのは、弾は普通に食らうけど、防弾スーツ(でもかなり痛いらしい)で痛みをこらえながらバッタバッタと敵をなぎ払っていくのがカッコいい。
 
 途中、「マトリックス」で共演したローレンス・フィッシュバーンが出てくるのも楽しい。
 
 さて映画のラストで全殺し屋に狙われることになったジョン・ウィック。チャプター3も決定しているとか?楽しみです。
[PR]
by konsun | 2017-07-14 20:10 | 映画 | Comments(0)