おきらくごくらくに日々起こったことを書き連ねていくブログ


by konsun

<   2010年 05月 ( 42 )   > この月の画像一覧

デニス・ホッパー死去

 デニス・ホッパーが5/29に前立腺ガンの合併症でお亡くなりになりました。
 今年になってかなり危ないとの噂を聞いていましたが、ホント残念です。

 ハリウッドの反逆児と言われ、一時アルコールやドラックに溺れハリウッドを追放された身でありながらも、奇跡的な復活を遂げたやんちゃなおっちゃんというイメージが強いです。

 これ一本と言われると「イージー・ライダー」より、なんと言ってもデビット・リンチの「ブルー・ベルベット」でしょう。この人、ホントに頭おかしいんじゃないかな?と思っちゃうほどの怪演でした(笑)
[PR]
by konsun | 2010-05-31 12:15 | 映画 | Comments(0)

「ブラブラバンバン」

 「ブラブラバンバン」を見ました。
d0110274_20451988.jpg

 柏木ハルコ原作漫画の映画化。
 一度は潰れたブラバンを盛り立てて、県大会を目指すというある意味定番な青春映画の展開ですが、なんとヒロインが音楽に興奮すると、脱いだり男を襲ったりするという一味変わった青春映画。ただ思っていた以上にエロくはなかったですけどね(笑)

 この変わったヒロインを安良城紅が好演。演技はお世辞には上手いとは思いませんが、存在感があり、面白い役者さんです。後から知りましたが、彼女は本業は歌手でかなりの実力をもっている人なんですね。まったく知りませんでした。

 出演している人たちはあまりよく知らない若手の人たちばかりですが、なぜかブレイクする前の岡田将生が出ていたり、アッキーナが出ていたりと意外と豊富です。後から見ると。

 かなりキワモノ映画だったりしますけど、仲間がほとんど抜けた最後のコンサートシーンはなかなかの感動モノ。安良城紅の指揮者ぶりもハマっており、意外と後味は良かったりします。

 歌手としての安良城紅は知りませんが、もっと役者としての安良城紅を見てみたいものです。
[PR]
by konsun | 2010-05-30 20:20 | 映画 | Comments(0)
 「パニック・イン・スタジアム」を見ました。
d0110274_20435661.jpg

 ジョージ・ラ・フォンテインの原作の映画化。監督はラリー・ピアース。

 アメフトのスタジアムにライフル魔が現れたという設定でのパニック映画。昔の映画でかなり地味目ですが、面白かったです。なんせライフル魔は、色々スコープで覗き込んでいますが、実際に乱射し始めるのは映画の後半20分前。そこまでのじらし方が上手く手に汗握ります。この間水面下で市警とSWAT部隊がちゃくちゃくと準備をしはじめるのも緊迫感があっていい感じでした。それに伴い、いろんな人たちのエピソードがあり、全てが後半のパニックに繋がっていくのは、見ていてホント楽しかったです(コテコテですけど)

 ただ最後、結局ライフル魔が何者で何をやりたかったがまったく不明なのは、ちと腑に落ちないですが、まあ実際分かるわけがないので、これはこれでいいでしょう。

 市警にチャールトン・ヘストン、SWATにジョン・カサヴェテスと組合せが意外に豪華だったのでちと驚きました。
[PR]
by konsun | 2010-05-30 18:13 | 映画 | Comments(0)

「ホット・ショット2」

 「ホット・ショット2」を見ました。
d0110274_20422643.jpg

 チャーリー・シーン主演のコテコテコメディ映画の続編。監督は前作と同様ジム・エイブラハムズ。

 今回は「ランボー」をベースにしており、敵はフセインというのが時代を感じさせます。「氷の微笑」「ターミネーター2」とかパロディ満載なのは前作と変わりませんが、今回前作でも出演していたロイド・ブリッジスが、いつの間にか大統領まで登りつめ、前作以上の大活躍をしているのには笑っちゃいました。やっぱこの人は凄いです(笑)

 また前作のヒロイン:ケーリー・エルウェスも出演しており、新旧ヒロイン対決には笑っちゃいましたし、なぜかミスター・ビーンも登場しておりびっくりしました。
[PR]
by konsun | 2010-05-30 16:04 | 映画 | Comments(0)
 最近DS用のゲームソフトDQMJ2(ドラゴンクエストモンスタージョーカー2)にはまっています。前作でもかなり燃えましたからね。
 ゲームは、ドラクエに出てくる歴代のモンスターたちを配合し、強いモンスターを作り上げ、ネットを通して友達や世界を相手に対戦するというもの。
 自分独自のモンスが作れて、色々作戦が練れたりして、かなり奥深いゲームです。

 八王子長崎屋前のマックで、DQMJ2のマック限定レアモンス配信(はぐれメタル、プチガールズ)をゲットしに行きました。

 ただここのマックってなぜか直ぐにネットが切れるんですよね・・・2Fのニンテンドゾーン近くでやってましたが、ブチプチ切れて使い物になりません。30分ほど粘りましたが、さすがに降参。
 場所を変え、1Fのニンテンドーゾーン近くで陣取って再度チャレンジ。(ただここ売り場が近くてかなり目立つんだよね・・・)
 ここは2Fよりもマシですが、それでも良く切れる。なんとか粘ってレアモンス2匹ゲットしました。結局マックに入ってから1時間もかかってしまった・・・他のマックでやるべきだったかもしれません。次回は別なところでチャレンジかな?(京王八王子駅上のマックとか?)
[PR]
by konsun | 2010-05-30 12:15 | ゲーム | Comments(0)

「ホット・ショット」

 「ホット・ショット」を見ました。
d0110274_20392398.jpg

 チャーリー・シーン主演のコテコテコメディ映画。監督は「フライング・ハイ」のジム・エイブラハムズ。

 「トップ・ガン」をベースにした、映画のパロディ満載のコメディですが、もう20年ほど前の映画なので、今の人たちには分からないでしょね。
 「ダンス・ウイズ・ウルブス」「ナイン・ハーフ」「愛と青春の旅立ち」のネタはもう分かりにくくなっており、「スーパーマン」「ロッキー」はベタなのでこれは分かりやすいです。

 チャーリー・シーンがいつもの二枚目風にとんちんかんなことをするのが素敵ですが、結局これでキャリアを棒にふったという話もあったり(笑)

 ちなみに今はもうお亡くなりになっているジェフ・ブリッジスのお父さんのロイド・ブリッジスのおとぼけぶりが最高です。

 今でもこの手のお馬鹿映画は撮られてますが、こういう流れは絶やさないようにしていってもらいたいものです。
[PR]
by konsun | 2010-05-29 20:38 | 映画 | Comments(0)

「ボックス!」

 「ボックス!」を見てきました。
d0110274_2038398.jpg

 百田尚樹原作の映画化。監督は李闘士男。市原隼人と高良健吾が共演。

 基本的には劣化版「ピンポン」でした。なんか話の筋が似すぎ(笑)
 ただ話の運びをベタにせず、妙に凝った展開にしているため、逆効果でまったく燃えられないのがね・・・どうしてもっとベタベタな展開にしなかったんだろう?(特にラストの試合の決着シーン前に、5年後に飛ぶのは如何なものかと!)それに最後のオチはあまりにも唐突すぎて???カブくんはボクシングしか取り合えがなかったんじゃなかったけ?

 肝心のボクシングのシーンも出来不出来があり安定していないのが残念。
 市原隼人のボクシングスタイルは、プロっぽく見えて良かったのですが、高良健吾がね・・・かなり強くなったという感じがしないのはマイナス。
 試合のシーンではワンラウンド、音声が抑え目で長回しをしているシーンは最高でしたが、最後の稲村(この役の人本当にプロボクサーだったんですね。道理で強いはずだ)VSカブのあのどつきあいは、パンチングゲームをかしゃかしゃしているみたいで興醒めでした・・・あれはないでしょう。それに最後ハートブレイクショットで倒れるのはね・・あそこは心臓が止まって一瞬動けなくなった隙に右ストレートで決着じゃなければダメでしょう。

 なんか劣化ピンポンでもいいから、もっとストレートに撮ってくれれば良かったのに・・・

 ちなみにあのコーチ、筧利夫だったとは・・・最後のテロップ見るまで気がつきませんでした。
[PR]
by konsun | 2010-05-29 15:37 | 映画 | Comments(0)
 「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」を見てきました。
d0110274_20362061.jpg

 アメリカで大人気であったアクションゲーム「プルンス・オブ・ペルシャ」の映画化。製作はジェリー・ブラッカイマー。

 時を遡る時間の砂を巡ってのファンタジーアドベンチャーで、そんなに期待をしていなかったのですが、かなり楽しめました。それも主役ジェイク・ギレンホールの人柄の良さが前面に出ており、王家の血は繋がってはいないのですが、兄弟たちの絆の深さには感動致しました。一番王に近い兄上がちょっと頼りなさそうなのがまた良かったりします。

 王妃役のジェマ・アータートンもいい味出してました。(「タイタンの戦い」ではほとんど空気でしたが・・・)絶世の美女というのは???ですが、あの男勝りの勝気な性格は定番ですが、良かったです。ギレンホールがちょっとナヨ系なので、それをフォローする感じでよかったです。でもギレンホールってナヨ系の役ばかりでしたが、こんなに筋肉隆々で、ここまでアクションをこなせるとは思ってもいませんでした。

 それにベタですが、あの奴隷商人の用心棒であるナイフ使いの黒人がカッコよかったです。

 しかしラストのオチは読めましたが、べたべたすぎるのがね・・・
[PR]
by konsun | 2010-05-29 12:34 | 映画 | Comments(0)
 南平の焼き鳥屋「よっちゃん」に行って来ました。

 工場から戻ってきた後輩の復帰祝いですが、確か3年前にこの後輩の送別会もここでやったような・・・・

 相変わらず小さなお店で、みんなぎゅうぎゅうに押し込まれて飲んでいます。
 前回焼き鳥が入って30分ほどで売り切れになって悲しい目に会いましたが、今回は大丈夫でした。1時間半程度は焼き鳥注文できました。(でも21時には売り切れ・・・)

 焼き鳥は、塩だれ+にんにく付きで頂きましたが、どれもこれも美味。元から置いてあるキャベツのぶつ切りも濃いソースを付けて食べるのもいい感じでした。

 かなり汚いお店ですが、安くて美味い焼き鳥を食べるのはやっぱここですな。
[PR]
by konsun | 2010-05-28 23:55 | グルメ | Comments(0)

「グース」

 
d0110274_22553313.jpg
「グース」を見ました。

 カナダの彫刻家ビル・リッシュマンの実体験を元にした原作を映画化。いやー本当に16羽のグースたちを連れて500 マイルの“渡り"に出たんですね。映画版は娘と一緒に移動していますが、これは脚色だそうです。

 主役の16匹のグースたちが本当に可愛らしいです。雛のときに、刷り込みで女の子を母親と思い、ヨチヨチ必死に追っていく様は、もう悶絶に近いほど可愛いです(笑)
 また渡りのシーンも、本当に自然とマッチしており、映像も綺麗で引きこまれました。ただ女の子が1人で飛行艇を操縦するのはやりすぎのような気がしましたが・・・まあこれには目を瞑りましょう。

 アンナ・パキンがとても可愛らしく、グースたちの成長とともに母親の死を乗り越え大人に成長していく姿は感動ものです。
 
[PR]
by konsun | 2010-05-25 19:54 | 映画 | Comments(0)