おきらくごくらくに日々起こったことを書き連ねていくブログ


by konsun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:コンサート( 7 )

 オーチャードホール「中島みゆき 夜会工場Vol2」を見てきました。

d0110274_18553663.jpg
 
 1989年から続いている中島みゆきの歌と演劇?を兼ねた実験的な舞台である「夜会」
 すでにVol17まで続いており、その夜会の名場面を再現した夜会工場。残念ながらVol1はチケット取れなかったので行けませんでしたが、Vol2は有能な友人が手に入れてくれたので見ることが出来ました。感謝!
 
 始まる前に流れる「二隻の舟」(インスト)が泣かせます。夜会のテーマソングでしたからね。テーマソングの割には、夜会上ではワンフレーズとかしか歌われてないけど・・・
 
 夜会は、1回目、2回目ともチケットが取れず泣いた記憶が・・・あの頃はチケット取るのは辛かったな・・・と思い出します。
 夜会を初めて見たのがVol3「KAN(邯鄲)TAN」からで、後は大体見ているはず。ただ2/2の2回目公演と3回目公演は見てないかな・・24時着00発も2回目は見てないし、意外と再演のものは見ていないかも?
 でもほとんどが覚えていない(笑)
 
 ちなみにオーチャードホールの2階に歴代の夜会のポスターがずらっと並んでいて、懐かしさにふけっておりました。
 
 今回今歌っている曲は、夜会のどれと電光掲示板で表示されるので分かりやすくなっています。どうやら前回では、これがないため聞いている人が混乱したらしい(笑)
 
 ちなみに夜会工場の正しい鑑賞の仕方は、ぼーーーっとしていることらしいです(笑)確かに物語に関係なく、各シーンがぽんぽん出てくるから、あれこれ考えていると疲れます。
 
 中村中、石田匠、杉本和世、香坂千晶、植野葉子、宮下文一とメンバーも豪勢。
 
 ただ「南三条」を男の石田匠が歌うのだけは違和感バリバリ。あれはダメでしょ。女性の歌なのに・・・
 
 竹薮のシーンがとても美しかったのも記憶に残ります。あのワンシーンのみの登場で、美術さん手が込んでいるなと感心。
 
 あと妙に高い階段を登るシーンがあるのですが、みゆきさんが転げ落ちないか、ドキドキハラハラして心配しちゃいました(笑)
 
 なんだかんだといって、東京国際フォーラムよりも近場で、歌っている中島みゆきを見れて感動です。東京国際フォーラムだといつも後ろの席なので、豆粒程度にしか見れないのがね・・・ただオーチャードホールは舞台を見るという点では椅子の高さが低いため、前にでかい人がいるとかなり見づらいです・・・音響はいいんですけどね。
 
 最後に曲のリストを
『二隻の舟』(インスト)
『泣きたい夜に』
『Maybe』
『LA-LA-LA』
『熱病』
『最悪』
『EAST ASIA』
『船を出すのなら九月』
『南三条』
『子守歌』(インスト)
『羊の言葉』
『愛から遠く離れて』
『谷地眼』
『傷』
『朱色の花を抱きしめて』
『陽紡ぎ歌』
『帰れない者たちへ』
『フォーチューン・クッキー』
『我が祖国は風の彼方』
~15分休憩~
『百九番目の除夜の鐘』
『海に絵を描く』
『彼と私と、もう1人』
『ばりほれとんぜ』
『1人で生まれて来たのだから』
『すあまの約束』
『袋のネズミ』
『毎時200ミリ』
『思い出させてあげる』
『旅人よ我に帰れ』
『あなたの言葉がわからない』
『慕情』
『産声』
 2/3以上は他の人が歌っていて、みゆきさんは楽していたような気がする(笑)
 「慕情」はワンフレーズだけで、続きは別のコンサートでというのには笑った。まあ夜会に関係ない曲だからね。

[PR]
by konsun | 2018-01-30 22:54 | コンサート | Comments(0)

中島みゆき「一会」

 中島みゆきコンサート「一会」に行ってきました。
 
d0110274_2192321.jpg

 座席は2階席の右端ドベから3列目というめちゃくちゃ隅っこで鑑賞。いやーーーこの席に座っていると如何に東京国際フォーラムAって段差が凄いことを確認(笑)

 出だしは「もう桟橋に灯りは点らない」「やまねこ」と飛ばしまくりますが、そこでMC。
 こんなハイペースではついていけないとか、山手線が止まってるから大変ですねとか相変わらずのみゆき口調で語ってくれます。

 今回のコンサートは、東京・大阪のみ(地方巡業ではない)なので、東京在住の人よりも地方から来た人の拍手の量が多かったです。ちなみに私の席の周りの人たちはほとんどが地方から来た人たちでした。ちょっとびっくり。

 結構バックが揃っていて、バイオリンが4人もいたりする。これにはびっくり。しかも4人とも衣装の色が違う。

 そして驚いたのはステージ上での生着替え。今回初です。やはり続けて色々やりたかったんでしょうか?
 
 また豪快に歌詞を間違えます(もうみゆきファンならお馴染み)しかしわざわざまちがたと言わなくても(笑)せっかくいい感じのエピソードからの歌い出しだったのにね。ちなみに曲は「ライカM4」でした。

 2幕開始には、お馴染みのアレがあります。まさかあのテーマが流れるとは!(笑)

 結構今回のコンサートはメジャーな曲が少なく、どちらかといえば地味な感じでした。
 でもアレンジしまくりで訳が分からなくなった(みゆき本人談)「友情」は、ホント良かった・・・もう2度と歌わないでしょうとか言ってましたが、また歌ってください。アルバム「臨月」の曲は私にとって青春そのものですから。

 でも最後の曲が「ジョークにしないか」とは・・・
 地味すぎる(笑)次の曲があるんじゃないかと身構えておりましたが・・・

 残念ながら今回のコンサートでは泣けませんでしたが、また次回のコンサート楽しみにしております。

 曲のセットはこれ。相変わらず合格者発表みたいにロビーに張り出してありました。

<一幕>
もう桟橋に灯りは点らない
やまねこ
ピアニシモ
六花
樹高千丈 落葉帰根
旅人のうた
あなた恋していないでしょ
ライカM4
MEGAMI

<2幕>
ベッドルーム
空がある限り
友情
阿檀の木の下で
命の別名
Why&No
流星
麦の唄

<アンコール>
浅い眠り
夜行
ジョークにしないか
[PR]
by konsun | 2015-11-17 22:08 | コンサート | Comments(0)
 オリンパスホール八王子でドラゴンクエストの世界 交響組曲「ドラゴンクエストⅩ」目覚めし五つの種族」のコンサートに行ってきました。

 実はオリンパスホール八王子は初めてだったりします。思っていた以上に狭かった・・・変なでっぱりも気になった(バルコニー席のでっぱりでした)

 プログラムは以下の通り。

ドラゴンクエストの世界 交響曲「ドラゴンクエストⅩ」目覚めし五つの種族

曲目リスト

「第1部」

・序曲Ⅹ
・アンルシアの恵み
・ざわめく心
・王宮への招待
・街の息吹~まどろむ町並み~夢の舞いルーム~村人たちのおしゃべり~街の息吹
・空とぶ小船~迫る脅威から高なる鼓動
・刃の旋律~渾身の力を込めて

「第2部」
・天空の世界
・花の民プクリポ~地の民ドワーフ~トンテンカン~あの丘を越えたら
・風雅の都~五十魔塔
・暗闇をさまよう~終焉の迷宮
・死の世界より来たる者~死へのいざない~冥府の王
・更なる未来
・目覚めし五つの種族

「アンコール」
・王宮のホルン
・失われた世界~足どりも軽やかに
・序曲Ⅹ

 なぜかアンコールの2曲は、ドラクエ7でしたけどね。

 確かに生演奏は素敵で感動しましたが、時間が短すぎます。
 第1部40分、20分休憩、第2部40分で計100分ですが実際は80分程度の演奏。もっと聞きたかったといのが本音です。

 すぎやまこういち先生は指揮をしてましたが、もうかなりの高齢だったので、イスに座って演奏していたのが印象的でした。
[PR]
by konsun | 2013-05-25 16:11 | コンサート | Comments(0)
 中島みゆき「縁会2012~13」に行ってきました。
d0110274_22574119.jpg

 2010年のコンサートから2年ぶりで、同じ東京国際フォーラムAです。
 今回座席は2階後方左側だったので、目視で中島みゆき様のお顔は拝見できませんでしたが、怒迫力な歌唱力で圧倒されました。

 今回はかなり古い曲もあり、古くからのファンにとっては、良かったんではないでしょうか?化粧・世情なんてめったに聞けないので満足です。ただ世情はちょっと短すぎたのでは?

 新アルバムから5曲出ていますが、まさか1幕の〆に「風の笛」が来るとは・・・その前の「縁」「愛だけを残せ」でもうグラグラ来ていたのに、一気に号泣でした。

 中島みゆきは、前回コンサートで歌った曲は歌わないと名言していたのですが、今回に限り歌いたいと思いますという感じで始まった「時代」。前回のギター引き語りではなく、微妙にアレンジを変えていたのが、また良かったです。
 そして「倒木の敗者復活戦」へと繋がる下りはもう最高でした。
 あえて中島みゆきは言いませんでしたが、この2曲は去年起きた東北大震災で被害を受けた人々みんなへのメッセージでしょうね・・・

 アンコールは「恩知らず」「パラダイスカフェ」「ヘッドライト・テールライト」でしたが、まさか最後に結構地味目の「ヘッドライト・テールライト」とは・・・

 あっという間に終わった2時間半でしたが、今回曲のセットは、かなり独特で展開が読めなかったのですが、ちょっと無理しているかな?という感じでした。あまりにも曲数が多すぎて、いつもの中島節のトークが激減してしまったのは、ちょっと残念かも。
[PR]
by konsun | 2012-11-15 22:56 | コンサート | Comments(0)
d0110274_235587.jpg
 「ももいろクリスマス2011 さいたまスーパーアリーナ大会」を見ました。

 知り合いに熱狂的なももクロファンがいるのですが、とりあえずこれは見とけと渡されたのが、去年のクリスマスに開催されたLiveでした。

 ももクロって何?という私にとって楽しめるのかな?と結構不安でしたが、いやいやこの子たちは凄い!と圧倒された3時間半でした。

 5人でぶっとうし3時間半27曲をあのハイテンションで歌い踊りまくる姿に素直に感動しました。しかも5人ともちゃんと歌に見せ場があります。よって休めるのはMCの時だけ。よくまああれだけ体力が続くものだと感心。

 次に天下を取るのはこのももくろだ!というのも素直に納得してしまいます。AKB48も凄いと思いますが、ももくろは5人しかいないのでごまかしが効きません(笑)AKBはあんなに人数がいれば少しは休めるからね・・・

 知ってる曲は猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」でしたが、鳥肌が立つほど凄かったです。なんせバックに100人の合唱団とマーティ・フリードマンとは・・・びっくりです。

 とにかくこのLive見たら、ファンになること必死ですね。見事に洗脳されました(笑)
[PR]
by konsun | 2012-05-05 20:01 | コンサート | Comments(0)

「中島みゆきTour2010」

 東京国際ホールAで「中島みゆきTour2010」に行ってきました。

 中島みゆきのコンサートは3年ぶり。3年前もこの東京国際ホールAで見た覚えがあります。
 今回のコンサートは、最新アルバム「真夜中の動物園」をメインにしながらも、懐かしい名曲を聴けて大満足でした。
 特に夜会用のメインテーマ曲「二隻の舟」を初めて夜会以外のコンサートで歌ったことに感動しました。それと「時刻表」「しあわせ芝居」という懐かしい曲と私の大好きな「夜曲」が歌われるとは感激です。

 そして最後は「時代」ですからね。もうなぜか泣けてきました。まさか「時代」を生で聞けるとは思ってもいなかったので・・・

 アンコールは「悪女」と「たかが愛」でしたが、これもいい選曲。
 
 今年58歳である中島みゆきですが、どこにあんなパワーが眠っているのかホント不思議です。(最近ではフジカラーのCMでかぶりもんかぶっているし。ホント不思議な人です(笑))
[PR]
by konsun | 2010-12-17 21:42 | コンサート | Comments(0)
 中島みゆきコンサートツアー2007に行って来ました。
 場所は有楽町の東京国際フォーラムA。このコンサート場は始めてだったんですが、かなり傾斜のキツイホールでした。2階の席でしたが、斜め60度からステージを見るような感じでした。

 MCは相変わらずの絶好調。紅白ネタはいつまで引っ張るのか?が少々疑問ですが、TOKIOへの曲提供の裏話や吉田拓郎つま恋コンサート秘話などありかなり笑わせて頂きました。
 「WITH」「ホームにて」「ファイト!」「誕生」(「ファイト!」と「誕生」はマジ泣けました・・・)が生で聞けて、それとTOKIOに提供した曲「宙船(そらふね)」「本日、未熟者」のオリジナルも聞けて大満足です。

 終演は21:30で3時間まるまる中島みゆきでどっぷりと癒されました。やっぱ中島さんは癒しの人だな・・・世間は誤解しているけどね(笑)
[PR]
by konsun | 2007-12-18 22:42 | コンサート | Comments(0)