おきらくごくらくに日々起こったことを書き連ねていくブログ


by konsun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

国立新美術館「ダリ展」

 国立新美術館「ダリ展」に行って来ました。

 2006年上野の森美術館にて行われた回顧展から10年ぶりの開催。
10年前はめちゃくちゃ混んでいて、入るのにも1時間待ち以上で、ゆっくり見れませんでした。

 今回は平日しかも夕方前に訪れたので、待ち時間ゼロ、混雑もそこそこという感じでゆっくり見られました。

 展示では、リガトでの少年時代から、アメリカに渡って活躍した最晩年の作品まで、ダリの生涯を追いながら、その作品や作風の変遷をたどっていけるような展示構成になっています。そして舞台芸術や絵本の挿絵、宝飾品などの展示が多かったのも特徴かな?まさか不思議な国のアリスの挿絵まで書いていたとは・・・

 特に気に入ったのが、
・子ども、女への壮大な記念碑
 さまざまな融合体であるオブジェに見入ってしまいます
d0110274_18532543.jpg

・奇妙なものたち
 赤の鮮やかさが凄く新鮮
d0110274_18535464.jpg

・ポルト・リガトの聖母
 思っていた以上にデカい。迫力ありました。
d0110274_18542278.jpg

 最後にトリック撮影ができるスペースがあったのでパチリ。
d0110274_18544972.jpg

[PR]
Commented by desire_san at 2016-11-25 14:03
こんにちは、
私も「ダリ展」を見てきましたので、美しい画像を見せていただき、ダリの作品みたときの感動を追体験することができました。ダリの表現法はリアリズムに徹していますが、無意識に湧き出る複数のイメージを一つの画面に表現し、観る人の意識下にアクセスし、ダリの世界に引き込んでしまうパワーを感じました。外的世界から主観的世界に導き出し、いくつもの幻影を認めさせることで、見る人に錯覚の世界を体験させるところが面白いと思いました。

私も「ダリ展」を見た感想とダリが作品を制作した意図とダリの芸術の魅力等について考察してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。

by konsun | 2016-10-13 18:54 | 雑感 | Comments(1)